19年上半期の映画売り上げ 6・5%増の10億5千万㌦

19年上半期の映画売り上げ
6・5%増の10億5千万㌦

 「香港Box Office」は7月2日(火)、今年上半期の映画収入数を公表。公開数は昨年同期の26本減だが、収入は6・44%増加の約10憶5千万㌦に達したことがわかった。今年6月30日までに香港で公開された映画は160本で、うち21本が香港映画。
収入第1位は「アドベンジャーズ/エンドゲーム」の約2億2千万㌦。第2位「キャプテン・マーベル」は約7千604万㌦、第3位のディズニー映画「アラジン」は5月23日公開で、5千462万㌦を売り上げトップ3入りした。
 香港映画ではラウ・チンワン(劉青雲)、ニック・チョン(張家輝)主演の「Integrity(廉政風雲:煙幕)」がヒット。3千136万㌦の売り上げを記録している。(7月3日)

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 医療コラム Qプール熱とはどのような病気ですか?プール熱とは咽頭結膜熱といい、アデノウイルス…
  2. 105号 香港ジャピオン   (2019/07/15)電子版はコチラから↓  ↓  ↓…
  3. 香港初の女性遠洋船長誕生男性社会、スパイ呼ばわりも   香港で初めて遠洋船舶の女性船長が誕生…
PAGE TOP