19年上半期の映画売り上げ 6・5%増の10億5千万㌦

19年上半期の映画売り上げ
6・5%増の10億5千万㌦

 「香港Box Office」は7月2日(火)、今年上半期の映画収入数を公表。公開数は昨年同期の26本減だが、収入は6・44%増加の約10憶5千万㌦に達したことがわかった。今年6月30日までに香港で公開された映画は160本で、うち21本が香港映画。
収入第1位は「アドベンジャーズ/エンドゲーム」の約2億2千万㌦。第2位「キャプテン・マーベル」は約7千604万㌦、第3位のディズニー映画「アラジン」は5月23日公開で、5千462万㌦を売り上げトップ3入りした。
 香港映画ではラウ・チンワン(劉青雲)、ニック・チョン(張家輝)主演の「Integrity(廉政風雲:煙幕)」がヒット。3千136万㌦の売り上げを記録している。(7月3日)

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 国慶節の花火中止のうわさイベント出展や演劇も取消香港政府旅遊発展局主催で今年11回目の「Ho…
  2. 警察、一ヶ月で3発銃弾紛失拾得者には通報を呼びかけ 香港警察はこのほど、屯門地区の警察官が中…
  3. 医療コラムQインフルエンザワクチンについて教えて下さい。  インフルエンザワクチンのシーズン…
PAGE TOP