暴雨警報発令中 落雷で男性死亡

暴雨警報発令中 落雷で男性死亡

7月2日(月)、新界の馬鞍山でハイキング中の18歳の男性が、落雷により死亡した。

事故があった午後12時過ぎは、香港天文台から大雨警報にあたる「シグナル・アンバー(黄色暴雨警告)」が発令中だった。

登山専門家は、大雨の際には雷が発生しやすいので、山で天候が激変した場合、直ちに広く高い場所を離れ、金属類も一時手放し、低い場所へ避難するように注意を促している。(7月2日)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. マスク品薄でこども用高値1週以内に供給量は安定へ「武漢肺炎」予防のためマスク購入者が激増し、…
  2. 政府が「武漢肺炎」の新条例隔離治療拒否は罰金と禁固武漢で発生した原因不明の肺炎について、香港…
  3. ラット由来E型肝炎で死亡10症例中9人が香港で感染  ラット由来のE型肝炎に感染した17才の…
PAGE TOP