【2018最新情報】インフルエンザ予防接種

 2018年~2019年 インフルエンザ予防接種について

インフルエンザのシーズンがそろそろやってきます。昨年はインフルエンザが大流行し、幼稚園などが休園になったのを記憶している人も多いかと思います。


今年のインフルエンザ予防接種、ワクチン株は以下のようになります。

Aミシガン型45/2015 (H1N1)pdm09

Aシンガポール型INFIMH-16-0019/2016 (H3N2)

Bコロラド型/06/2017-like virus (ビクトリア系統)

Bプーケット型/3073/2013-like virus (山形系統)


また、政府より積極的なワクチン接種を勧める通達も出ています。該当する方は以下の通り。

妊婦
50歳以上の方
老人ホームなどで集団生活を送る高齢者
慢性疾患のある方
医療従事者
6ヶ月から11歳までの子ども
家畜などを扱う方


重症化を防ぐためにも、ぜひ接種を心がけましょう。尚、インフルエンザワクチン株は、居住国によって異なります。香港在住者は、香港政府が発表・予測するワクチン株を、香港にて接種するのが良いでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 香港ジャピオン80号(2019/01/14)香港ジャピオン80号の電子版配信中!電子版は…
  2. 医療コラムQ ウィルス性胃腸炎が流行っていると聞きました。教えて下さい。A ウイルスが胃腸に…
  3. 龍翔道で交通事故、女性死亡配送用バンから投げ出され 九龍サイドの龍翔道で1月4日(金)夜8時…
PAGE TOP