大雨警報発令なし 降水量不足で断水を心配の声も

大雨警報発令なし 降水量不足で断水を心配の声も

5月11日(金)現在、天文台は今年の「暴雨警報」を発令していないことから、1998年以来最も遅い発令だった15年5月11日の記録を塗り替えることが確実となった。ネット上では断水を心配する声があがり、話題になっている。

また、水務署の記録では各貯水池の貯水量も昨年同時期より減少しており、「下城門水塘」で13%、「香港仔下水塘」は27%、「大潭上水塘」で28%となっている。(5月12日)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 2020/1/21

    医療コラム
    医療コラムQ旧正月おめでとうございます。中華圏である香港は、旧正月を迎えて多くの人が集まり賑…
  2. ヴィクトリア湾にクジラ群100頭近くが元気に通過1月17日(金)午後、ヴィクトリア湾に大量の…
  3. 大埔でトリマーの女を逮捕動物虐待の動画流出で特定警察は1月18日(土)午後4時すぎ、新界・大…
PAGE TOP