長洲太平清醮に2万5千人 前年比29%増加でにぎわう

長洲太平清醮に2万5千人
前年比29%増加でにぎわう

「長洲太平清醮」が5月12日(日)長洲島で開催され、前年を上回る人出でにぎわった。
長洲へのフェリーを運航する「新渡輪」社は増便を行い、午後9時までに昨年同期の29%増、約2万5千人が「中環」から渡航したという。
 「太平清醮」は長洲の伝統的な催し。島の4才未満のこどもが古代の扮装をして島内を練り歩くパレードが人気だ。祭りのクライマックスは深夜に行われる「まんじゅうタワー登りコンテスト」だ。この競技は、1978年に100人以上が負傷、20人以上が骨折など重傷を負う事故が発生したため、政府は開催を禁じていた。島の関係者と政府が協議の結果、タワーを鉄製に、競技者を12人に限定するなどの条件で、2005年に復活している。(5月12日)

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. マスク品薄でこども用高値1週以内に供給量は安定へ「武漢肺炎」予防のためマスク購入者が激増し、…
  2. 政府が「武漢肺炎」の新条例隔離治療拒否は罰金と禁固武漢で発生した原因不明の肺炎について、香港…
  3. ラット由来E型肝炎で死亡10症例中9人が香港で感染  ラット由来のE型肝炎に感染した17才の…
PAGE TOP