男性の育休5日間に増加へ 政府が修正案、立法院も支持

 男性の育休5日間に増加へ 政府が修正案、立法院も支持 

香港政府が6月15日(金)に公布した「2018年雇用(修正)条例草案」に、男性の産休をこれまでの3日から5日に延長する案がもりこまれていることがこのほど分かった。

条例草案は20日(水)立法会に提出され、手続きを経て有効日が可決される見通し。

レーバー・デパートメント(労工処)では、雇用主および非雇用者の意見や、中小企業を含む雇用主の負担能力も考慮したうえで、2015年から男性の産休制度の実施を始めている。

現行の法例では、同一の雇用主の元で40週以上勤務した男性は3日間の産休を取得し、4/5の給与の給与を得ることができる。

同処のスポークスマンは、「雇用条例に基づき男性の産休が現行の3日から5日に延長された場合も、その他の点については変更されない」としている。

キャリー・ラム(林鄭月娥)香港特区行政長官は2017年10月の施政報告書で男性の産休を5日に延長するよう提案しており、検討の結果、労工処顧問委員会や立法会事務委員会からも支持を得たという。(6月15日)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 連休前半も入境者17万人減旅行、小売り業界の苦境続く 入境事務処の最新の統計資料によると、国…
  2. 116号 香港ジャピオン(2019.09.30-10.07)■電子版はコチラからht…
  3. 赤十字が献血を呼びかける目標水準約60%に落ち込み「香港赤十字会輸血サービスセンター」は10…
PAGE TOP