医療コラム Q子どもの咳が続きます。どうしたらいいでしょうか?

医療コラム
Q子どもの咳が続きます。

   どうしたらいいでしょうか?

 咳は発熱とならんで、子どもの病気の代表的な症状です。子どもの場合、よく見られるのは、かぜ等の呼吸器感染症、気管支喘息、副鼻腔炎等です。
子どもが咳をするとき、音を聞いてみると、軽い調子の「コンコン」という乾いた感じの咳
(乾性咳嗽)や、痰が絡んだ「ゴホン、ゴホン」という湿性咳嗽があります。まれに「ケン、ケン」と犬が吠えるように聞こえる犬吠咳嗽という咳もあり、呼吸困難につながる重症の病気の症状のこともあります。子どもの咳の原因としてよくみられる病気には、ウイルスや細菌に感染して起こる呼吸器感染症、気管支喘息等があります。一般的に、咳の続く期間が比較的短ければ急性の感染症を起こしている可能性が高いといわれています。
咳の症状に応じて、咳を取り除く薬(去痰薬)や気管支を広げる薬(気管支拡張薬)などを用います。呼吸感染症の場合は、咳の症状があれば必要に応じてせき止めを使います。子どもの咳は、体の中に何らかの異常があることを伝えるサインです。咳が出始めたら、注意深く観察し早めに医師の診察を受けましょう。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 香港プライド・パレード開催LGBT権利支援に6千人今年で10年目となる「香港プライド・パレー…
  2. 旧正月フェア入札昨年比の9割減にヴィクトリア公園で来年1月に行われる「旧正月フェア(年宵)」…
  3. キャセイ航空10月決算報告旅客数は前年比7・1%減少  キャセイパシフィック航空と傘下のキャ…
PAGE TOP