国際指名手配犯逮捕 テロ警戒レベル持続

国際指名手配犯逮捕  テロ警戒レベル持続

  

香港政府保安局の李家超局長は3月1日(木)、強盗などの容疑で国際指名手配されていた男が香港で逮捕されたことをうけ、香港のテロ対策は中度レベルを維持しており、標的とされる根拠は示されていないと説明した。

李局長は「飛虎隊」とよばれる警察の特殊任務部隊、反テロ特殊班や間もなく設立される保安局の「アンチテロリズム・タスクフォース(跨部門反恐專責組)」などでテロ安全対策は十分に対応できると強調。入境処では保安上の理由から、毎年4~5万人、一日平均100人以上の入境を拒否しているという。(3月2日)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 2020/1/21

    医療コラム
    医療コラムQ旧正月おめでとうございます。中華圏である香港は、旧正月を迎えて多くの人が集まり賑…
  2. ヴィクトリア湾にクジラ群100頭近くが元気に通過1月17日(金)午後、ヴィクトリア湾に大量の…
  3. 大埔でトリマーの女を逮捕動物虐待の動画流出で特定警察は1月18日(土)午後4時すぎ、新界・大…
PAGE TOP