マーガリンに発がん性物質 半数が危険、基準見直し提言

マーガリンに発がん性物質

半数が危険、基準見直し提言

 

消費者委員会はこのほど、市販のバター製品でサンプリング調査を実施。18種類のマーガリンから発がん性物質「グリシドール」や汚染物「3-MCPD脂肪酸エステル」が検出されたことを発表した。結果報告では、「Sunny Meadow」ブランドの商品「Spread with Canolaoil」に含有量が多かったと伝えている。
また、栄養成分の表示誤差も多く、実際のナトリウム含有量が表示の10倍に上っていたケースもあるという。

同委員会は「香港にも欧州レベルの食物安全基準設定が必要だ」としている。(4月17日)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. マスク品薄でこども用高値1週以内に供給量は安定へ「武漢肺炎」予防のためマスク購入者が激増し、…
  2. 政府が「武漢肺炎」の新条例隔離治療拒否は罰金と禁固武漢で発生した原因不明の肺炎について、香港…
  3. ラット由来E型肝炎で死亡10症例中9人が香港で感染  ラット由来のE型肝炎に感染した17才の…
PAGE TOP