香港航空、機内エンタメ中止 一部社員の給与払い遅延も

香港航空、機内エンタメ中止
一部社員の給与払い遅延も

 香港航空は先ごろ、1月から機内エンターテイメントシステムの提供を中止すると発表した。同社は昨今の社会情勢による旅行離れの影響を受け、一部社員に対して11月分給与の支払いが1月6日(月)まで遅延している。また、前後してロサンゼルス、天津、バンクーバー、ホーチミン路線の運行休止も発表していた。
 同社ではエンターテイメントシステム提供中止の期間は未定としており、乗客に対し「ご迷惑をおかけすることを深くお詫びする」と語っている。
 香港航空は2006年に設立した、香港国際空港を拠点とする航空会社。香港からの日本路線は東京、大阪、札幌、鹿児島、沖縄、岡山など8空港間を運行している。(11月30日)

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. マスク品薄でこども用高値1週以内に供給量は安定へ「武漢肺炎」予防のためマスク購入者が激増し、…
  2. 政府が「武漢肺炎」の新条例隔離治療拒否は罰金と禁固武漢で発生した原因不明の肺炎について、香港…
  3. ラット由来E型肝炎で死亡10症例中9人が香港で感染  ラット由来のE型肝炎に感染した17才の…
PAGE TOP