冬の3大イベントは実施へ 一部変更も安全を最優先に

冬の3大イベントは実施へ
一部変更も安全を最優先に

 大型イベントやコンサートのキャンセルと延期が相次ぎ、年末年始恒例のイベント開催に関心が集まっている。香港旅遊発展局の程鼎一総幹事は先ごろ、報道関係者との食事会で同局のイベント開催予定について言及した。
 程幹事長によると、「クリスマス」「ニューイヤー」「旧正月」の3大イベントは例年通り実施を予定しているが、これまで旧暦元旦に3時間ほど尖沙咀周辺で行っていたパレードは、参加者の安全を考慮して内容や開催場所を変更。1月末の4日、「インターナショナル・カーニバル」を実施することが決まった。
 12月11日(水)~1月1日(水)の「ウインター・フェスト」期間中は中環のスタチュー・スクエア(皇后像広場)に半透明のクリスマスツリーが登場。ツリーは高さ18メートルにおよび、LEDやネオンなどで彩られる。大晦日のカウントダウンについては、「開催準備に全力を尽くしているが、安全を第一に考慮する」と説明したという。(11月26日)

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. マスク品薄でこども用高値1週以内に供給量は安定へ「武漢肺炎」予防のためマスク購入者が激増し、…
  2. 政府が「武漢肺炎」の新条例隔離治療拒否は罰金と禁固武漢で発生した原因不明の肺炎について、香港…
  3. ラット由来E型肝炎で死亡10症例中9人が香港で感染  ラット由来のE型肝炎に感染した17才の…
PAGE TOP