香港女性の「幸福指数」低下中  「健康」が幸福条件の一位

香港女性の「幸福指数」低下 

「健康」が幸福条件の一位

3月8日(木)の「国際婦人デー」を前に、九龍・ダイヤモンドヒルのショッピングモール「プラザ・ハリウッド」では「香港女性幸福指数アンケート」を実施。このほど発表された結果によると「自分が幸せだと感じる」香港女性の平均指数は5・6ポイントにとどまり、10%の女性が1~2ポイントと低い自己評価をつけていたことが注目されている。

また、全体の40%が「健康であること」を幸福の条件とし、ついで「財産」38%、「愛情」23%となっていた。

アンケートは今年1月、15歳以上の1236人を対象に実施。結果によると、香港人女性の幸福指数は近年下降を続けており、15年の6・4ポイントから今年は5・6ポイントにまで減少。うち45%の女性が1~5ポイント、さらに10%が1~2ポイントと低い自己評価をつけていることがわかった。

また、多くの回答者が「健康」を幸福の条件としながら、定期的に運動をしている女性は35%にとどまっており、「運動の習慣がある」と答えたひとのうち60%が街中でジョギングなど行っていると回答した。(3月6日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ミニバスアプリ22年に登場 フェリー路線も復活、活性化林鄭月娥行政長官は10月10日(水)に…
  2. 政府、ランタオ埋め立て計画 住宅不足と就業機会対策へ香港政府は10月11日(水)、ランタオ島…
  3. 「山竹」後全域でビーチ封鎖 10月末にレパルスベイ再開康楽及び文化事務署は10月11日(木)…
PAGE TOP