充電器の過熱で火の玉出現 男性が手に軽いやけど負う

充電器の過熱で火の玉出現 男性が手に軽いやけど負う

7月18日(水)午後10時過ぎ、屯門の住宅でスマートフォンの充電器が突然発火し、25歳の男性が手にやけどを負う事故が発生した。

警察の調べによると、男性は就寝前にベッドの枕元に充電器を置いていたところ「ピッ」という音が鳴り、3秒後に火の玉が噴出したという。男性は掛布団で火を消し止める際、右手の親指にやけどを負った。

発火した充電器は香港の「XPower」の製品で、この男性は約1年前に旺角のショッピングセンターで約300ドルで購入していた。

同社では、事故のあった製品は2015年から翌年にかけて台湾の会社が中国・深圳で生産したものと説明。すでに1万個以上を販売しているがこれまで事故が起きたことはなく、今回のケースにとても驚いているという。

理工大学機械工学科のエンジニア盧覚強氏は、「充電器には保護装置がついており、電池が充満すると自動的に止まる仕組みになっているが、保護装置が故障すると長時間の充電で過熱、ショートや発火の原因になる可能性がある」と注意を促している。(7月19日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 香港ブラリ街歩き 「香港古街歴史発見一日散歩」2018年8月25日(土)10時~16時…
  2. 謙信アセットコンサルティング主催「海外で作る自分年金セミナー」ドル建て学資保険で…
  3. 目が痒い原因の多くはアレルギー性結膜炎です。薬物療法が基本ですが、日常生…
PAGE TOP