復活節の出入境610万人 最多は陸路480万人利用

復活節の出入境610万人
最多は陸路480万人利用

 入境事務処はこのほど、4月18日(木)から22日(月)までのイースター・ホリデー休暇中に香港を出入境する旅客者数は、のべ610万人に達すると公表した。
 同処によると、出入境者のうち約79%にあたる約480万人が陸路を利用する見込みだという。陸路のピークは19日(金)で、出境者数はのべ65万7千人に達する。入境ピークは21日(日)で、のべ55万2千人となるという。
 陸路の中でもMTR羅湖は最も混雑する管制となり、約154万人、一日平均約30万9千人が出入境する見込みだ。落馬洲支線は19万2千人、深圳湾管制では15万人と非常に混雑することが予想されている。
 期間中は旅客量増加に対応するため、入境処では前線の職員の休暇を減らし、フレキシブルな体制で人員を手配。検査カウンターの増加や係員の増員を行い、人と車両の導線をスムーズにして、旅客の出入境秩序の保持に務める。(4月20日)
http://hd.stheadline.com/news/realtime/hk/1478271/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 医療コラムQ子どもの咳が続いています。  病気でしょうか? マイコプラズマ肺炎は、肺炎マ…
  2. 香港航空、機内エンタメ中止一部社員の給与払い遅延も 香港航空は先ごろ、1月から機内エンターテ…
  3. 冬の3大イベントは実施へ一部変更も安全を最優先に 大型イベントやコンサートのキャンセルと延期…
PAGE TOP