医療コラム Q海外の新学期です。どんなことに気をつければ良いでしょうか?

医療コラム
Q海外の新学期です。

 どんなことに気をつければ良いでしょうか?

夏休みが終わり、海外は新学期が始まりました。夏休み明けは、環境の変化からストレスを感じやすくなりがちです。子どもが新たな環境に慣れ、快適に過ごしていくにはストレスサインや症状を感じ取り、適度に発散させていくことが重要です。子どもがストレスを感じているサインは、以下のようなものが挙げられます。
・学校でも活動への意欲がない
・挨拶に元気がない、発熱や腹痛が多くなった                         ・嘔吐、気持ち悪さを感じる頻度が多くなった                         ・アレルギー症状の悪化、新たな症状の出現                           ・睡眠の質の低下

子どものストレスサインを感じたら、ゆっくり話したり、スキンシップを撮ったりする時間を意欲的に設ける/定期的に好きなことを存分させるなどが効果的だと言われています。登園・登校しぶりを見せた場合は、まず「行きたくない気持ちを受け止めること」を心掛けることが大切です。子どもの気持ちに共感し、認めてあげることで、子どもの感情や不安定さが落ち着いて、登園・登校できることもあります。スクール・カウンセラーや臨床心理士、医師などに相談することも大切です。

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 国慶節の花火中止のうわさイベント出展や演劇も取消香港政府旅遊発展局主催で今年11回目の「Ho…
  2. 警察、一ヶ月で3発銃弾紛失拾得者には通報を呼びかけ 香港警察はこのほど、屯門地区の警察官が中…
  3. 医療コラムQインフルエンザワクチンについて教えて下さい。  インフルエンザワクチンのシーズン…
PAGE TOP