児童にインフル爆発的流行 234の幼稚園が休園措置

児童にインフル爆発的流行
234の幼稚園が休園措置

 幼稚園児童にインフルエンザが爆発的に流行し、1月19日(土)までに累計234の幼稚園が休園措置をとっていることがわかった。
 休園措置をとった234園のうち、休園率が最も高い沙田地区は89園ある幼稚園のうち約34%にあたる29園が休園しており、次いで北区で48園中16園が休園、荃湾と湾仔区の休園率も3割に達している。休園率が最も低い南区は40園中12・5%にあたる5園が休園措置をとっている。
 ある医師によると乗り合いスクールバスにも感染と流行の原因が考えられるという。衛生防護センターの陳肇始局長は「現時点では患者の7割が幼稚園や保育所児童のため、小学校の休校は不要と考えている」と説明している。(1月20日)

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 連休前半も入境者17万人減旅行、小売り業界の苦境続く 入境事務処の最新の統計資料によると、国…
  2. 116号 香港ジャピオン(2019.09.30-10.07)■電子版はコチラからht…
  3. 赤十字が献血を呼びかける目標水準約60%に落ち込み「香港赤十字会輸血サービスセンター」は10…
PAGE TOP