Q医療コラム 夏のあせも対策、良い方法はありますか?

Q医療コラム
夏のあせも対策、良い方法はありますか?

 夏になると気になるのが「あせも」。子供だけでなく、大人にも起こりやすい症状です。汗をかきやすい首やひじの内側、膝の裏側をはじめ、背中や胸まで広範囲にあせもができてしまうことがあります。
汗を出す「汗腺」の数は3歳くらいまでに決定するとされており、幼少期にしっかり汗をかくことで汗腺が発達し、体温調節機能を高めることができると言われています。
あせもができるのは、かいた汗が肌の表面へ流れ出ることができず、汗管に汗が詰まってしまうことが原因です。汗をかいたら早めにシャワーで汗と汚れを流し、1日を終えた夕方以降にゆっくり湯船に入って、体を洗うようにすること、ひじの内側・膝の裏側は皮膚が薄く、また汚れが溜まりやすいので、石鹸をよく泡立てて優しく洗うこと、そしてお風呂上りには保湿を忘れずにしましょう。
あせもができた場合は、できるだけ触らないようにすることと、優しく洗って清潔に保つことが大切です。とびひになっている、広範囲に広がっている、引っ掻いて傷になっている、痒みが強い場合などは、医師に診てもらいましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 国慶節の花火中止のうわさイベント出展や演劇も取消香港政府旅遊発展局主催で今年11回目の「Ho…
  2. 警察、一ヶ月で3発銃弾紛失拾得者には通報を呼びかけ 香港警察はこのほど、屯門地区の警察官が中…
  3. 医療コラムQインフルエンザワクチンについて教えて下さい。  インフルエンザワクチンのシーズン…
PAGE TOP