医療コラム  Qプール熱とはどのような病気ですか?

医療コラム

 Qプール熱とはどのような病気ですか?

プール熱とは咽頭結膜熱といい、アデノウイルスでプールの水を介してヒトからヒトへ流行が拡大します。年間を通して発生しますが、主に6月末頃から夏季にかけて流行します。
前福井間は2-14日程度で、咽頭痛(のどの痛み)、結膜炎(目の充血)、39℃前後の発熱が数日から一週間ほど続きます。頭痛をはじめ、食欲不振が3-4日続くこともあり、目の症状としては、目が充血し、涙が多くなり、まぶしがることがあります。
ウイルスに対する特効薬はありませんが、のどの痛みにはうがいや鎮痛薬を処方したり、目やにや結膜炎(充血)には抗生剤やステロイドの点眼薬を使うことがあります。のどに痛みがあるので、のどごしの良い麦茶や、牛乳、冷めたスープなど少し冷たい飲み物がおススメです。食べ物は、刺激が少なくかまずに飲み込めるものにしましょう。
タオルの共用や手指を介した接触感染によって感染します。しっかり手洗い・消毒し、マスクでしっかり予防しましょう。

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 医療コラム                   Q男性の性病について教えてください。   症…
  2. 「こども宇宙飛行士」に挑戦白血病を克服して宇宙の夢 「子供宇宙飛行士訓練プログラム」が今年も…
  3. 高齢者増加と少子化の問題労工福利局長が日本を視察 香港では平均寿命が日本より長く、出生率は日…
PAGE TOP