18歳未満への酒類販売禁止 条例の修正、11月30日から


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/bayarea/shvoice.com/public_html/hongkong/wp-content/plugins/wordpress-23-related-posts-plugin/init.php on line 380

18歳未満への酒類販売禁止 条例の修正、11月30日から

衛生署は11月14日(水)、課税条例の修訂により、18歳未満の未成年に対する酒類の販売や提供を禁止とする条例を30日(金)から執行すると公布した。

条例の適用は1.2%以上のアルコール分を含む飲料品で、小売店やスーパー、コンビニ、レストラン、バーなどのほか、ネット販売などの通販、郵送、自動販売機なども対象となる。違反者には最高5万ドルの罰金が科せられるという。

衛生署では新条例の対応範囲拡大に備え、新たに30人の職員を増員、部署名を「Tobacco and Alcohol Control Office(控煙酒辦公室)」に改めるとしている。また、アルコール度数1.2%の酒類には、料理用の米酒も含まれるため、同署では保護者に対し、こどものお使いに注意するよう呼び掛けている。

一方、酒類で調理された食べ物やアルコール入りチョコレートなどは、この規定の対象外となる。(11月14日)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ダイヤモンド号乗客が死亡政府チャーター機帰港者も「プリンセス・ダイヤモンド号」に乗船し、新型…
  2. 空港で健康カード記入義務ビザ停止で駆け込み出境も衛生署は3月8日(日)午前0時より、香港に到…
  3. 同性婚カップルの入居問題公団住宅管理局に違憲判決 カナダで結婚手続きをした香港永久居民の男性…
PAGE TOP