実業家の李嘉誠氏が引退表明 一代で築いた伝説の大富豪

実業家の李嘉誠氏が引退表明 一代で築いた伝説の大富豪

李嘉誠(Photo by Zhong Zhi/Getty Images)

 

不動産や「香港電燈」「ワトソンズ」などを傘下に持つアジア最大の企業集団「長江実業」グループ主席の李嘉誠氏が3月16日(金)、5月19日(土)をもって現役を引退することを表明した。事業は長男で長江実業董事総経理兼副主席のヴィクター・リー(李沢楷)氏が引き継ぐことを併せて発表している。

李嘉誠氏は1928年、広東省潮州出身。40年代に両親とともに香港へ移民後、50年代にプラスティック造花「ホンコンフラワー」で得た巨大な利益を元手に、不動産投資に転身。住宅やホテル経営のほか電力会社「香港電燈」や日用品の「ワトソンズ」「パークンショップ」「豊沢電器」、通信の「ハチソン」、「新城ラジオ」など、香港市民生活に不可欠な事業を展開。海外企業による中国への投資に陰りが出た1989年にもあえて事業投資を行い、その後の大きな発展につながった。

アメリカ「フォーブス」誌の世界富豪ランキングで長年香港のトップを独走。一代で巨額の富を築いた「李嘉誠」の名は、アジアの大富豪の代名詞となっている。(3月16日)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. マスク品薄でこども用高値1週以内に供給量は安定へ「武漢肺炎」予防のためマスク購入者が激増し、…
  2. 政府が「武漢肺炎」の新条例隔離治療拒否は罰金と禁固武漢で発生した原因不明の肺炎について、香港…
  3. ラット由来E型肝炎で死亡10症例中9人が香港で感染  ラット由来のE型肝炎に感染した17才の…
PAGE TOP