チケット転売防止の電子化 高コストで実現化は困難か

チケット転売防止の電子化 高コストで実現化は困難か

8月7日、人気歌手のコンサートチケットが転売組織により定価の4倍で売られていることが発覚した。

弁護士の陸偉雄氏は「コンサートを管理する康文署が会場を運動場とみなしているため、転売を禁止する娯楽条例の抜け道になっている。転売防止のためには、条例の修正が必要だ」と指摘する。

転売防止対策として、イベント会場「アジアエキスポ」では実名記入式のチケットシステムを導入する予定。入場時に身分証を照会する。一方、香港コロシアムは座席数が多くコストと時間がかかるため、導入が困難だという。(8月7日)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 132号香港ジャピオン(2020.02.03)電子版はこちらから→https://www…
  2. 2020/1/21

    医療コラム
    医療コラムQ旧正月おめでとうございます。中華圏である香港は、旧正月を迎えて多くの人が集まり賑…
  3. ヴィクトリア湾にクジラ群100頭近くが元気に通過1月17日(金)午後、ヴィクトリア湾に大量の…
PAGE TOP