オクトパスがタクシー参入 支払いや配車アプリ開発も

オクトパスがタクシー参入

支払いや配車アプリ開発も

プリペイドカードの「オクトパス」は5月3日(木)、タクシー市場への参入を公布、オクトパスカードで代金の支払いやアプリでの配車が可能になることがわかった。

同社は2011年にタクシー代金支払いサービス開始を予定していたが、当時はタクシー側がシステム機器のレンタル費負担、入金にも時間がかかるなどの理由で香港内全体の約2%、400台の設置にとどまり、計画は頓挫していた。今回の参入では、タクシー側の負担を軽減。スマホアプリの利用、入金システムも簡易化されたことで7年ぶりのタクシー市場参入が実現し、すでに1000台のタクシーが利用登録をしているという。

オクトパスカードの香港内浸透率は100%近く、現在の流通枚数は3480万枚にのぼっており、「タクシー側、利用者にとっても有意義な選択肢になる」と同社は自信をみせる。

また、同社はベンチャー企業と共同で配車アプリの開発も進めていることも明らかにした。6月以降にはアプリでの配車とオクトパスカード清算が併せて可能になる予定。(5月4日)

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. マスク品薄でこども用高値1週以内に供給量は安定へ「武漢肺炎」予防のためマスク購入者が激増し、…
  2. 政府が「武漢肺炎」の新条例隔離治療拒否は罰金と禁固武漢で発生した原因不明の肺炎について、香港…
  3. ラット由来E型肝炎で死亡10症例中9人が香港で感染  ラット由来のE型肝炎に感染した17才の…
PAGE TOP