MTR旺角駅の構内で放火 防犯カメラ追跡で男を逮捕

MTR旺角駅の構内で放火 防犯カメラ追跡で男を逮捕

MTR「旺角」駅構内で1月12日(土)午前9時50分ごろ、新聞紙が燃え煙と火が上がるボヤ騒ぎが発生。警察は放火事件として防犯カメラから容疑者を追跡し、13日(日)夜9時30分、59歳の無職の男を逮捕した。
ボヤは「旺角」駅構内E出口付近で発生した。煙と炎に駅内の消防警報が作動し、周辺は非難する人たちで一時騒然となった。消防と警察が駆け付けた時にはすでに火は消えており、この事件によるけが人はなく、地下鉄も通常通りに運行を続けている。
消防隊人員に加え消防犬も投入して周辺を捜査したところ、現場付近で助燃剤などが見つかった。
警察は現場周辺の複数の防犯カメラの映像を分析した結果、容疑者を特定。事件発生の翌日夜、深水埗の自宅アパートにいた容疑者の男を逮捕した。男は調べに対し「駅で自殺を企てようとしたが、火の勢いを見て怖くなり逃走した」と話しているという。(1月12日)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. マスク品薄でこども用高値1週以内に供給量は安定へ「武漢肺炎」予防のためマスク購入者が激増し、…
  2. 政府が「武漢肺炎」の新条例隔離治療拒否は罰金と禁固武漢で発生した原因不明の肺炎について、香港…
  3. ラット由来E型肝炎で死亡10症例中9人が香港で感染  ラット由来のE型肝炎に感染した17才の…
PAGE TOP