肺炎レンサ球菌で 2歳の男児が死亡

肺炎レンサ球菌で
2歳の男児が死亡

衛生署は10月5日(土)、2歳の男児が肺炎レンサ球菌に感染し死亡したと発表した。
男児は9月末に発熱や咳、呼吸困難の症状を起こし、2日(水)に小児ICUに搬送されたが、翌日死亡した。衛生署防護センターによると、男児は潜伏期間中に海外旅行の記録はなく、家族や接触した人物に症状はみられていない。肺炎レンサ球菌はせきやくしゃみなどの飛沫から感染するという。(10月6日)

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 132号香港ジャピオン(2020.02.03)電子版はこちらから→https://www…
  2. 2020/1/21

    医療コラム
    医療コラムQ旧正月おめでとうございます。中華圏である香港は、旧正月を迎えて多くの人が集まり賑…
  3. ヴィクトリア湾にクジラ群100頭近くが元気に通過1月17日(金)午後、ヴィクトリア湾に大量の…
PAGE TOP