老舗カフェ「楽香園」が閉店 別れ惜しむファンらが行列

老舗カフェ「楽香園」が閉店
別れ惜しむファンらが行列

1950年代に開業した中環の老舗カフェ「楽香園」が、3月18日(月)の閉店を前に、別れを惜しむ人々で賑わっている。
同店は約60年前、中環の「ペダー・ビル」裏手にオープン。路地裏の隠れ家的立地から、中環のビジネスマンに「仕事をさぼって一息つくカフェ」として愛された。2008年に家賃値上げのため一時休業したものの、翌年「ギルマン・バザー」へ移転、昔ながらの内装で、価格も据え置き営業を再開。自家製パンやチャーシュー飯などの定番メニューは、街の人々や観光客からも人気を呼んでいた。(3月14日)

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 132号香港ジャピオン(2020.02.03)電子版はこちらから→https://www…
  2. 2020/1/21

    医療コラム
    医療コラムQ旧正月おめでとうございます。中華圏である香港は、旧正月を迎えて多くの人が集まり賑…
  3. ヴィクトリア湾にクジラ群100頭近くが元気に通過1月17日(金)午後、ヴィクトリア湾に大量の…
PAGE TOP