旧正月フェア入札 昨年比の9割減に

旧正月フェア入札
昨年比の9割減に

ヴィクトリア公園で来年1月に行われる「旧正月フェア(年宵)」のブース出店入札が11月13日(水)に終了。総収入は昨年の9割減だったことがわかった。
同所でのフェアに初回から参加し「桃花大王」と呼ばれる劉海濤氏は10数万㌦で21ブースを落札、昨年の半分の以下の予算で済んだという。劉氏は「旧正月は中国人が最も大切にする節句。花を買い求める人は絶えない」と語った。(11月14日)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 132号香港ジャピオン(2020.02.03)電子版はこちらから→https://www…
  2. 2020/1/21

    医療コラム
    医療コラムQ旧正月おめでとうございます。中華圏である香港は、旧正月を迎えて多くの人が集まり賑…
  3. ヴィクトリア湾にクジラ群100頭近くが元気に通過1月17日(金)午後、ヴィクトリア湾に大量の…
PAGE TOP