小学校で手足口病が相次ぐ 「マスク不要」情報に混乱も

小学校で手足口病が相次ぐ
「マスク不要」情報に混乱も

  政府による「マスク禁止令」発令後、社会や学校では、病気の感染防止対策情報が交錯、対応に混乱が生じている。 新界・将軍澳の小学校では、複数の生徒が手足口病に感染したため、学校は生徒や保護者に対し注意を呼びかけた。その一方で、衛生防護センターから「飛沫による伝染はしないので、マスクは必要ない」と指示が出たとし、マスク装着は各家庭で判断するよう通告。これに保護者からは「こどもたちの健康を軽視している」と反発が起きているという。
 この学校では、9歳の児童2名が手足口病に感染。学校は同センターの指示により、生徒同士の接触を避け、席替えなどの対応を行った。ある保護者はセンターからの通告文について「前半では手足口病は飛沫感染しないと書きながら、後半では主に患者の鼻やのどからの分泌物、唾液、水疱や便などの接触で感染すると記載があった」と内容の矛盾を指摘したうえで、「感染を防ぐため、こどもにはマスクをつけさせる」と語っている。(10月16日)

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 132号香港ジャピオン(2020.02.03)電子版はこちらから→https://www…
  2. 2020/1/21

    医療コラム
    医療コラムQ旧正月おめでとうございます。中華圏である香港は、旧正月を迎えて多くの人が集まり賑…
  3. ヴィクトリア湾にクジラ群100頭近くが元気に通過1月17日(金)午後、ヴィクトリア湾に大量の…
PAGE TOP