リンゴ・ラム監督突然の訃報  香港映画界に哀しみ広がる

リンゴ・ラム監督突然の訃報
香港映画界に哀しみ広がる

 

「龍虎風雲」「監獄風雲」「学校風雲」の「風雲三部作」など数々のヒット作を世に送り出した映画監督のリンゴ・ラム氏が12月29日(土)午後、死去した。
ラム監督は当日午後4時頃、自宅で意識を失っているのを家族が発見、その後死亡が確認されたという。
ラム監督は83年、アラン・タム(譚詠麟)主演の「陰陽錯」で監督デビュー。88年に「龍虎風雲」で香港フィルムアワード(香港電影金像獎)最優秀監督賞を受賞した。同作で最優秀主演男優賞を受賞したチョウ・ユンファ(周潤發)は訃報を受け「気持ちの整理がつかない」と多くを語らなかった。ラム監督の遺作となった「沖天火」で主演のダニエル・ウー(呉彦祖)は、SNSに哀悼の意をつづっている。(12月30日)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. マスク品薄でこども用高値1週以内に供給量は安定へ「武漢肺炎」予防のためマスク購入者が激増し、…
  2. 政府が「武漢肺炎」の新条例隔離治療拒否は罰金と禁固武漢で発生した原因不明の肺炎について、香港…
  3. ラット由来E型肝炎で死亡10症例中9人が香港で感染  ラット由来のE型肝炎に感染した17才の…
PAGE TOP