医療コラム Q子どもの咳が続いています。病気でしょうか?

医療コラム
Q子どもの咳が続いています。

  病気でしょうか?

 マイコプラズマ肺炎は、肺炎マイコプラズマという細菌のようなものによって起こる呼吸感染症で、長期にわたって咳が続くのが特徴です。主に気道感染し、気管支炎や肺炎などを引き起こします。初期は普通の風邪と同じように、発熱や喉の痛み、全身の倦怠感などの症状が現れ、次第に痰の絡まない乾いた咳が出るようになります。熱が下がったあとも、3週間~4週間にわたって咳が長引くことがあります。

一般的な肺炎の場合は、痰を伴うため、聴診器を当てるとゼロゼロするような呼吸音が聞こえますが、マイコプラズマ肺炎の場合はそのような雑音が聞こえないので、なかなか診断がつかないこともあります。夜間にひどく咳がでて、日中は比較的元気に過ごせる場合も多いのですが、長い間放置していると重症化してしまったり、中耳炎、脳炎などの合併症がおこる可能性もあるので注意が必要です。
マイコプラズマ肺炎は薬で治療できます。また、最近は大気汚染もあり、アレルギー咳を発症する方も少なくありません。気になる症状あるときは、早めに医師に相談しましょう。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. マスク品薄でこども用高値1週以内に供給量は安定へ「武漢肺炎」予防のためマスク購入者が激増し、…
  2. 政府が「武漢肺炎」の新条例隔離治療拒否は罰金と禁固武漢で発生した原因不明の肺炎について、香港…
  3. ラット由来E型肝炎で死亡10症例中9人が香港で感染  ラット由来のE型肝炎に感染した17才の…
PAGE TOP