医療コラム Qウィルス性いぼについて教えてください。

医療コラム

Q. ウィルス性いぼについて教えてください。

A. イボは、皮膚表面の小さな傷からヒト乳頭腫ウイルスが侵入して皮膚の細胞に感染しておこる病気です。人から人へ、また自分の皮膚の別の場所にうつります。ヒト乳頭腫ウイルスにはたくさんの種類があり、イボの形や性質、できやすい部位などに違いがあります。放置すると増数、増大するので早めの治療をおすすめします。治療法には主な方法として2種類あり、液体窒素凍結療法とレーザー治療の2種類です。液体窒素凍結療法は一番手軽な治療ですが、治療に痛みを伴い、なかなか治りにくいのが欠点です。治療後も痛みが続くこともあります。レーザー治療は短時間に高エネルギーをピンポイントで照射することができるため、治療時間が短く、皮膚組織の損傷を最小限にします。イボは、1回の治療で治すことは難しく、また、治ったと思っても再発するということも多々あります。そのため何回も繰り返して治療を行う必要があります。また、イボの形や性質、できる場所によって治療法が変わってきます。気がついたらすぐに診てもらいましょう。

情報提供
海外旅行保険対応・日本語医療相談
EMC香港日本人クリニック 5746 1234 (日本語24) 54187122
(尖沙咀ハーバーシティ/セントラル ・外来・日曜診療/夜間診療/往診あり)
こども健康相談室開設(救急対応)
美容皮膚科 無料電話相談受付中

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. マスク品薄でこども用高値1週以内に供給量は安定へ「武漢肺炎」予防のためマスク購入者が激増し、…
  2. 政府が「武漢肺炎」の新条例隔離治療拒否は罰金と禁固武漢で発生した原因不明の肺炎について、香港…
  3. ラット由来E型肝炎で死亡10症例中9人が香港で感染  ラット由来のE型肝炎に感染した17才の…
PAGE TOP