腐敗した小型イルカの死骸 今年に入りすでに19体発見

腐敗した小型イルカの死骸
今年に入りすでに19体発見

「香港オーシャンパーク保育基金」は3月14日(金)、ランタオ島南部のローケイ湾(籮箕湾)で打ち上げられたイルカの死骸を確認した。
係員が現場で解剖と検証を行ったところ、打ち上げられたのは「スナメリ」と呼ばれる小型イルカのメスのこども。体長約122センチで、レベル4に認定される「ひどい腐敗状態」だったという。
スナメリの死因はまだ確定されておらず、係員が死骸の組織をオーシャンパークへ持ち帰り、化学検証を行う。
今年、打ち上げられたスナメリが確認されたケースは19件目。同基金では、もしイルカなどが打ち上げられているのを発見した場合、速やかに「ホットライン1823」まで連絡をしてほしいと市民に呼びかけている。(3月15日)

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 117号 香港ジャピオン(2019.10.14)★電子版はコチラからhttp://www…
  2. 西貢で座礁イルカ見つかる今年に入り座礁事故は39件「香港オーシャンパーク(海洋公園)保育基金…
  3. 旅行客激減で深刻な危機に旅游業議会から遺憾の声明「香港旅遊業議会」は10月9日(火)、「昨今…
PAGE TOP