昨年の海外移民数、2割増加 海外での教育を望む家庭も

昨年の海外移民数、2割増加
海外での教育を望む家庭も

  先ごろ公表された保安局の資料によると、昨年海外へ移民した香港人の数は約7600人と、一昨年の6500人から2割近く増加していることがわかった。
香港居民は出国時、外遊の目的を政府に申請する必要はない。そのため、当局は移民に必要な「無犯罪記録証明」を警察に申請した人数をもとに、海外への移民者数を算出している。
理工大学の陳偉強講師は、これまで「中立派」だった市民も不動産価格の上昇や都市計画、治安の悪化に不安を感じ、海外移民を望むのではないかと指摘する。また、青年層は海外での就業や生活レベル上昇を願う動きもあるという。
移民コンサルタントの関景鴻氏は、「移民を選択する大きな理由のひとつは、こどもの教育。香港では良い学校に入れるとは限らないが、海外での教育はこどもたちにとって楽しく、中華圏に戻っても有利になる」と説明する。また、生活費や不動産の高騰もプレッシャーとなり、アメリカやカナダでは香港の半分の価格で邸宅を購入できるため、老後の生活を考えての海外移民も多いという。(5月30日)

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 国慶節の花火中止のうわさイベント出展や演劇も取消香港政府旅遊発展局主催で今年11回目の「Ho…
  2. 警察、一ヶ月で3発銃弾紛失拾得者には通報を呼びかけ 香港警察はこのほど、屯門地区の警察官が中…
  3. 医療コラムQインフルエンザワクチンについて教えて下さい。  インフルエンザワクチンのシーズン…
PAGE TOP