医療コラム

医療コラム Q 夏がきました。

 虫刺されについて教えてください。

蚊、ブヨ、ダニ、蜂などの虫が刺したり咬んだり、吸血して痛みや痒み、赤み、腫れなどが生じることを虫刺されといいます。
虫の種類、人の体質などにより、紅斑・蕁麻疹・ショックといった症状がすぐに出る場合と、紅斑・丘疹・水ぶくれが1~2日後に出る場合があります。虫の種類によって症状のあらわれ方が違いますが、共通するのは、痒みや赤みを伴う腫れです。
虫が皮膚を刺したり咬んだりしたときには、虫が持っている毒成分・唾液成分が抗原(アレルゲン)となってからだの中の抗体と反応し、ヒスタミンなどの痒みの原因物質が分泌されて痒みや炎症などの皮膚炎を引き起こします。多くの虫刺されは、虫の毒成分などに対するアレルギー反応の一つです。
また、毒成分が注入されるときの物理的な刺激そのものによっても、炎症が生じます。このような症状は年齢や刺された頻度、体質による個人差が大きいものですが、一般的にアレルギー体質の人は症状が強く出るといわれています。
痒みや症状を過信せず、早めに医師に相談しましょう。

情報提供
さくらクリニック
6737-6200 (日本語医療相談24 尖沙咀・セントラル)
総合診療科・小児科・内科・外科・皮膚科
海外旅行保険キャッシュレス/ヘルスケアプログラム

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 医療コラム Qプール熱とはどのような病気ですか?プール熱とは咽頭結膜熱といい、アデノウイルス…
  2. 105号 香港ジャピオン   (2019/07/15)電子版はコチラから↓  ↓  ↓…
  3. 香港初の女性遠洋船長誕生男性社会、スパイ呼ばわりも   香港で初めて遠洋船舶の女性船長が誕生…
PAGE TOP