医療コラム Q ヘルパンギーナとはどのような病気でしょうか?

医療コラム

Q ヘルパンギーナとは

     どのような病気でしょうか?

A ヘルパンギーナは、6月から初夏にかけて流行し、乳幼児に多く見られる夏風邪の代表的なウイルス性の感染症です。主に「コクサッキーウイルスA群」が原因で、ウイルスの型がいくつかあるので、何度もかかってしまうことも珍しくありません。まれに大人も発症しすることがあります。

症状は、39℃以上の熱が1~3日つづくと同時に、のどが赤く腫れて小さな水疱がたくさんできます。水疱は2~3日でつぶれて黄色い潰瘍になります。のどの痛みが強いために、食事や飲みものを受けつけなくなることから、脱水症状を起こすこともあるので注意が必要です。

特効薬はありませんが、口内炎(口の中にできた潰瘍)に対して鎮痛解熱薬で痛みを和らげたり、粘膜保護剤の軟膏などで治療をしていきます。
のどに痛みがあるので、オレンジジュースなどのような刺激のあるものは避け、のどごしの良い少し冷たい飲みものがおすすめです。食べものは、ゼリーやプリン、冷めたおじや、豆腐など刺激が少なくかまずに飲み込めるものにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 医療コラム Qプール熱とはどのような病気ですか?プール熱とは咽頭結膜熱といい、アデノウイルス…
  2. 105号 香港ジャピオン   (2019/07/15)電子版はコチラから↓  ↓  ↓…
  3. 香港初の女性遠洋船長誕生男性社会、スパイ呼ばわりも   香港で初めて遠洋船舶の女性船長が誕生…
PAGE TOP