公共アパートで犬飼育違反 処分命令が一転、許可下りる

公共アパートで犬飼育違反
処分命令が一転、許可下りる

  香港仔の公共アパートで暮らす76才の劉さん夫妻にハウジングデパートメント(房置署)から飼い犬を手放すよう通知があったが、ネット民や議員の働きかけで一転、飼育許可がおり、話題になっている。
 劉さん夫妻の愛犬は11才になるコーギーの「Money」。同署は犬の飼育を続ければアパートの居住資格を取り消すと通知していた。
 近年、公共アパートでのペット飼育は許可されたが、劉さんはインターネットが使えず携帯電話もないため、新政策を知らず、ペット飼育申請の機会を逃していたという。事態はFacebookの「香港動物報」で拡散され、ネット民が劉さんの手助けを申し出、議員から同署への請願を行うなどして、処分通知は撤回されたという。(6月29日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 医療コラム Qプール熱とはどのような病気ですか?プール熱とは咽頭結膜熱といい、アデノウイルス…
  2. 105号 香港ジャピオン   (2019/07/15)電子版はコチラから↓  ↓  ↓…
  3. 香港初の女性遠洋船長誕生男性社会、スパイ呼ばわりも   香港で初めて遠洋船舶の女性船長が誕生…
PAGE TOP