ブルース・リー邸宅取り壊し 政府に文化遺産保護求める

ブルース・リー邸宅取り壊し
政府に文化遺産保護求める

ブルース・リー(李小龍)の46回忌前日となる7月19日(金)、ファンクラブ「李小龍会」は九龍塘の旧ブルース・リー邸宅の取り壊しに関する緊急声明を発信した。
声明によると、旧邸宅は2週間以内に完全撤去される危機に面しており、同会は香港政府の介入と邸宅の保護再建を求め、署名を呼び掛けている。
同会の黃耀強主席によると、旧邸宅は昨年内部改装を計画していたが、予測を大幅に上回る大規模な工事と、約5億㌦の資金が見積もられたという。スポンサーとの商談も折り合いがつかず、現状では香港の「古物及び古蹟條例」に該当しないため、旧邸宅は政府による保護対象にもならず、取り壊しが決定していた。
同会は、「ブルース・リーは香港をPRする代表的な存在であり、彼の精神やイメージを保護、旧邸宅を香港の重要文化遺産として再建築すれば、新たなスポットとして世界中から観光客が訪れるだろう」とし、ブルース・リーの知名度と香港観光業への影響力を考慮して、政府による特例の保護を訴えている。(7月19日)

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 連休前半も入境者17万人減旅行、小売り業界の苦境続く 入境事務処の最新の統計資料によると、国…
  2. 116号 香港ジャピオン(2019.09.30-10.07)■電子版はコチラからht…
  3. 赤十字が献血を呼びかける目標水準約60%に落ち込み「香港赤十字会輸血サービスセンター」は10…
PAGE TOP