ブルース・リー宅取り壊しへ 文化遺産の消失を嘆く声も

ブルース・リー宅取り壊しへ
文化遺産の消失を嘆く声も

 香港を代表する国際的映画スター、ブルース・リー(李小龍)がかつて暮らした九龍塘の邸宅が、8月末にも取り壊されることがこのほど決まった。リーのファンクラブ「李小龍会」では、取り壊される可能性を知った有志が邸宅を買い取り「ブルース・リー紀念館」とする計画を立て、政府に問い合わせていたが、支援は得られなかったという。また、ある財団がマレーシアに「ブルース・リー紀念館」を作る計画もあるとされており、現地の文化遺産消失を惜しむ声が広がっている。
 「李小龍会」の黄耀強会長は、先月ある篤志家から同会に連絡があり、「リー宅を買い取り、紀念館もしくは博物館に改築の意思があることを伝えられた」と話す。紀念館の個人運営は限界があるため、篤志家自ら政府に支援の可否を問い合わせたが、回答は得られなかったという。
黄会長は「リー宅は世界中からファンが訪れる聖地。旅行業が不景気な現在、観光スポットの取り壊しを容認するのは、政府が掲げる観光業の保護と支持に矛盾するのではないか」と残念がった。(8月23日)

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 国慶節の花火中止のうわさイベント出展や演劇も取消香港政府旅遊発展局主催で今年11回目の「Ho…
  2. 警察、一ヶ月で3発銃弾紛失拾得者には通報を呼びかけ 香港警察はこのほど、屯門地区の警察官が中…
  3. 医療コラムQインフルエンザワクチンについて教えて下さい。  インフルエンザワクチンのシーズン…
PAGE TOP