お供えに5Gスマホの模型 イマドキの香港清明節事情

お供えに5Gスマホの模型
イマドキの香港清明節事情

4月5日(金)の清明節は、先祖をしのび墓参りをする習慣がある。香港では「あの世で不便が無いよう」現金や衣服、食べ物などの紙の模型「紙紮」をささげる人々の姿が多く見られたが、近ごろは「5Gスマホ」など、流行商品の模型が人気を呼んでいるという。
西環の紙紮の老舗「俊城行」オーナー杜千送氏は「近ごろのお供え物はバラエティに富んでいる。特に若い世代に人気なのは、5Gスマホやタブレットだね」と説明する。
一方、中年世代は「健康関係」が好まれるため、深海魚油やヴィタミン剤などのセットも用意している。杜オーナーは「最近ははしかが流行っているから、予防注射セットを売り出すかもしれない」と冗談交じりに語った。(4月6日)

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 国慶節の花火中止のうわさイベント出展や演劇も取消香港政府旅遊発展局主催で今年11回目の「Ho…
  2. 警察、一ヶ月で3発銃弾紛失拾得者には通報を呼びかけ 香港警察はこのほど、屯門地区の警察官が中…
  3. 医療コラムQインフルエンザワクチンについて教えて下さい。  インフルエンザワクチンのシーズン…
PAGE TOP