「KAWS HOLIDAY」 海に浮かぶ巨大アート登場

「KAWS HOLIDAY」
海に浮かぶ巨大アート登場

米国の人気コンテンポラリー・アーティスト「KAWS」のパブリック・アート「KAWS HOLIDAY」が「香港芸術月」で賑わう春のヴィクトリア湾に登場し、話題を呼んでいる。
KAWSにとってこれまで最大サイズのパブリック・アートとなる「CONPANION」は全長37メートル、灰色のボディに両目が「×」の不思議な物体だ。3月22日(金)~31日(日)までの間ヴィクトリア湾にあおむけに浮かぶ姿を眺めることが出来る。
KAWSは1974年生まれ。ストリート・カルチャーをテーマにした作品はアジア各国でも人気を集めており、記念撮影やチェックインをする観光客やインスタグラマーで賑わっている。(3月22日)

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 117号 香港ジャピオン(2019.10.14)★電子版はコチラからhttp://www…
  2. 西貢で座礁イルカ見つかる今年に入り座礁事故は39件「香港オーシャンパーク(海洋公園)保育基金…
  3. 旅行客激減で深刻な危機に旅游業議会から遺憾の声明「香港旅遊業議会」は10月9日(火)、「昨今…
PAGE TOP