フカヒレ消費減少中 10年後「ゼロ」を目指す

香港フカヒレ消費減少 10年後「ゼロ」を目指す

 

世界自然基金(WWF)は3月8日(木)、過去10年間で香港のフカヒレ輸入量が51%に、輸出量は75%に減少したことをうけ、今後10年で「フカヒレゼロの街」を目指すことを明らかにした。

香港は世界全体の約40%を扱う最大のフカヒレ貿易都市。この10年での輸出入量の大幅減少は、航空・船舶会社のフカヒレ輸送禁止や環境保護団体運動の影響により、消費者と販売業者の意識改革が高まった結果とみられる。

一方、過去5年19件のフカヒレ違法輸入では犯人起訴に至っておらず、WWFは政策を訴えている。(3月9日)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. マスク品薄でこども用高値1週以内に供給量は安定へ「武漢肺炎」予防のためマスク購入者が激増し、…
  2. 政府が「武漢肺炎」の新条例隔離治療拒否は罰金と禁固武漢で発生した原因不明の肺炎について、香港…
  3. ラット由来E型肝炎で死亡10症例中9人が香港で感染  ラット由来のE型肝炎に感染した17才の…
PAGE TOP