MTRが通常運行に快復へ 駅出口は閉鎖と修理を継続

MTRが通常運行に快復へ
駅出口は閉鎖と修理を継続

 MTR(港鉄)は12月1日(日)、修復情況の確認と政府関連部門の評価を経て、2日(月)から各路線、ライトレール、港鉄バスなどを通常の運行時間に戻すことを公布した。
 同社によると、修理チームのたゆまぬ努力により「大学」駅付近の信号システム設備の復旧はめざましく進んだという。このため、東鉄線「紅磡」~「羅湖」駅、「紅磡」~「落馬洲」駅のピークタイム運行間隔は5~10分に1本から、それぞれ3~7分、12分に1本へ増加した。各駅出入り口の損傷が激しい箇所では、引き続き閉鎖して修理が行われる。(12月1日)

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. マスク品薄でこども用高値1週以内に供給量は安定へ「武漢肺炎」予防のためマスク購入者が激増し、…
  2. 政府が「武漢肺炎」の新条例隔離治療拒否は罰金と禁固武漢で発生した原因不明の肺炎について、香港…
  3. ラット由来E型肝炎で死亡10症例中9人が香港で感染  ラット由来のE型肝炎に感染した17才の…
PAGE TOP