高鉄、7月に重慶路を線開通 香港から直通で約7時間半

高鉄、7月に重慶路を線開通
香港から直通で約7時間半

昨年から運行が始まった香港と中国内地を結ぶ「高鉄」が今年7月には「西九龍」駅~「重慶西」駅の新路線を開通することが、このほど明らかになった。
 新路線は香港から重慶まで約7時間半で到着する列車の旅を楽しむことができる。
 資料によると、香港から重慶への路線は「西九龍」駅午後2時53分発、当日夜10時25分に「重慶西」に到着する。「重慶西」駅発は午前8時20分発、「西九龍」駅到着は午後3時57分を予定。同便は「遵義」「貴陽東」「桂林西」「肇慶東」「広州南」「深圳北」を経由する。    
 現在「香港」~「重慶」間の列車は「桂林西」駅で乗り換えが必要。重慶で食堂を経営する香港人の阿宝さんは「先月重慶から香港のコーズウエイベイに帰省した時には、朝8時43分発で昼の1時15分に桂林西駅に到着。それから1時36分発に乗り換えて、午後4時55分に西九龍に到着した。乗り換え時間がたったの21分と短く、うっかりしたら乗り遅れてしまうよ。重慶行きの高鉄が開通すれば乗り換えいらずで、時間も短縮できる」と期待を寄せていた。(6月9日)

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. マスク品薄でこども用高値1週以内に供給量は安定へ「武漢肺炎」予防のためマスク購入者が激増し、…
  2. 政府が「武漢肺炎」の新条例隔離治療拒否は罰金と禁固武漢で発生した原因不明の肺炎について、香港…
  3. ラット由来E型肝炎で死亡10症例中9人が香港で感染  ラット由来のE型肝炎に感染した17才の…
PAGE TOP