「国歌条例草案」公布される 月末に立法会で討論、承認へ

「国歌条例草案」公布される
月末に立法会で討論、承認へ

 香港行政会は1月8日(火)、「国歌条例草案」を公布した。1月末の立法会で読み合わせと討論後、正式に承認される見通し。
草案では国歌の歌詞やメロディの改ざん、歪曲した演奏など故意による侮辱行為を犯罪とみなし、最高で禁固3年、罰金5万㌦が課せられるとしている。また、ふさわしくない場面で使用をした場合も罰金5万㌦となる。
国歌侮辱罪は、匿名の人物やSNSなどインターネットの書き込みにも適用される。捜査期間は警察が案件を把握してから1年から2年とする可能性があるという。(1月8日)


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 132号香港ジャピオン(2020.02.03)電子版はこちらから→https://www…
  2. 2020/1/21

    医療コラム
    医療コラムQ旧正月おめでとうございます。中華圏である香港は、旧正月を迎えて多くの人が集まり賑…
  3. ヴィクトリア湾にクジラ群100頭近くが元気に通過1月17日(金)午後、ヴィクトリア湾に大量の…
PAGE TOP