香港―台北間が 世界最多フライトに

世界最多フライト 香港―台北間が一位に

 

 

英国を拠点にするフライト情報プロバイダー大手の「オフィシャル・エアライン・ガイド」社の資料によると、世界で最もフライト数が多いのは年間2万9494フライトの香港―台北間であることがこのほどわかった。

同社によると、年間フライト数トップ20のうち香港発は台北、上海、ソウル、シンガポール、マニラの5便を占めている。香港を目的地とする北京発、バンコク発のフライトも上位に入っていた。

また、香港の定刻出発率も水準が高いことがデータに示されており、平均70%に達していた。中でも乗客量トップ5に入る香港航空は定刻率88・9%と、最も高くなっている。

その他、昨年の年間フライト数第二位はクアラルンプール―シンガポール間の2万9383フライト。第三位はジャカルタ―シンガポール間の2万6872フライトと、アジアの短距離フライトが上位を占める結果となった。(2月19日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ミニバスアプリ22年に登場 フェリー路線も復活、活性化林鄭月娥行政長官は10月10日(水)に…
  2. 政府、ランタオ埋め立て計画 住宅不足と就業機会対策へ香港政府は10月11日(水)、ランタオ島…
  3. 「山竹」後全域でビーチ封鎖 10月末にレパルスベイ再開康楽及び文化事務署は10月11日(木)…
PAGE TOP