同性伴侶の手当無効に判決 裁判所「差別にはあたらない」

同性伴侶の手当無効に判決

裁判所「差別にはあたらない」

香港裁判所は6月1日(金)、公務員事務局が同性婚の福利厚生を認めないことを不服とした裁判で、香港の法定婚姻法に則り、同性間の婚姻は保障の範囲外とし、差別にはあたらないとする判決を下した。

訴えを起こしたのは入境事務主任の男性。公務員事務局に対し、同性婚も福利対象となるよう求めていた。

判決文では「香港基本法の『婚姻と育成の自由や権利』条例は異性間婚姻のみ適応され、同性婚は含まない」とし、「同性婚の福利享受が従来の婚姻制度のありかたを危うくするという指摘を、法廷は見過ごすことはできない」と見解を示している。

原告の男性は弁護士を通じ「判決に失望している。終審法院まで上訴したい」とコメントしている。(6月2日)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 医療コラム                   Q男性の性病について教えてください。   症…
  2. 「こども宇宙飛行士」に挑戦白血病を克服して宇宙の夢 「子供宇宙飛行士訓練プログラム」が今年も…
  3. 高齢者増加と少子化の問題労工福利局長が日本を視察 香港では平均寿命が日本より長く、出生率は日…
PAGE TOP