同性伴侶の手当無効に判決 裁判所「差別にはあたらない」

同性伴侶の手当無効に判決

裁判所「差別にはあたらない」

香港裁判所は6月1日(金)、公務員事務局が同性婚の福利厚生を認めないことを不服とした裁判で、香港の法定婚姻法に則り、同性間の婚姻は保障の範囲外とし、差別にはあたらないとする判決を下した。

訴えを起こしたのは入境事務主任の男性。公務員事務局に対し、同性婚も福利対象となるよう求めていた。

判決文では「香港基本法の『婚姻と育成の自由や権利』条例は異性間婚姻のみ適応され、同性婚は含まない」とし、「同性婚の福利享受が従来の婚姻制度のありかたを危うくするという指摘を、法廷は見過ごすことはできない」と見解を示している。

原告の男性は弁護士を通じ「判決に失望している。終審法院まで上訴したい」とコメントしている。(6月2日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 歯科検診が大切なのはなぜでしょう?歯は、どんなに毎日丁寧に磨いていたとしても、本当に磨け…
  2. 蘭桂坊で歩行者天国を設置 W杯期間売り上げ2割増に6月14日(木)に開催するワールドカッ…
  3. 日本4県の食品輸入緩和へ 福島県産は輸入禁止を継続香港政府は食品輸入を規制していた千葉県…
PAGE TOP