オクトパスがタクシー参入 支払いや配車アプリ開発も

オクトパスがタクシー参入

支払いや配車アプリ開発も

プリペイドカードの「オクトパス」は5月3日(木)、タクシー市場への参入を公布、オクトパスカードで代金の支払いやアプリでの配車が可能になることがわかった。

同社は2011年にタクシー代金支払いサービス開始を予定していたが、当時はタクシー側がシステム機器のレンタル費負担、入金にも時間がかかるなどの理由で香港内全体の約2%、400台の設置にとどまり、計画は頓挫していた。今回の参入では、タクシー側の負担を軽減。スマホアプリの利用、入金システムも簡易化されたことで7年ぶりのタクシー市場参入が実現し、すでに1000台のタクシーが利用登録をしているという。

オクトパスカードの香港内浸透率は100%近く、現在の流通枚数は3480万枚にのぼっており、「タクシー側、利用者にとっても有意義な選択肢になる」と同社は自信をみせる。

また、同社はベンチャー企業と共同で配車アプリの開発も進めていることも明らかにした。6月以降にはアプリでの配車とオクトパスカード清算が併せて可能になる予定。(5月4日)

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ウイルスや細菌によって引き起こされるのど風邪で、のどが赤く腫れて痛みが出…
  2. 旧正月映画ポスターが話題 周星馳コメディに原点回帰2019年旧正月に公開予定の映画「新喜劇之…
  3. 香港人の海外旅行は年3回 就寝前スマホで予約の傾向旅行情報サイト「skyscanner」が今…
PAGE TOP