「e-デング熱」で情報共有 香港の新学期に政府が対策

「e-デング熱」で情報共有 香港の新学期に政府が対策

政府食物及び衛生局の陳肇始局長は9月1日(土)、新学期を前に、衛生防護センターから全ての学校に対し、蚊の撲滅作業を行うよう注意を促した。

香港では8月31日(金)までに、デング熱感染者数が28人に増加している。

衛生防護センターには通報システムを設置したほか、病院管理局と共同で「e‐デング熱」プラットフォームを開設し、最新情報を共有しているという。また、政府は約400万ドルを投じて噴霧器を購入、香港内18ヶ所で蚊の撲滅作業を行うほか、感染防止のため市民教育などの対応を続けている。(9月2日)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 医療コラム Q 香港の歯医者さんについて教えてください。 A 香港では、技術的には日本と同等以上…
  2.  香港初の柴犬カフェが開店 特徴を知り、捨て犬減少効果 香港島・銅鑼湾に香港初の柴犬カフェ「豆+…
  3. 香港航空、北米3路線を削減「リストラ」は明言を避ける香港航空は3月9日(土)、香港―北米間を…
PAGE TOP