「e-デング熱」で情報共有 香港の新学期に政府が対策

「e-デング熱」で情報共有 香港の新学期に政府が対策

政府食物及び衛生局の陳肇始局長は9月1日(土)、新学期を前に、衛生防護センターから全ての学校に対し、蚊の撲滅作業を行うよう注意を促した。

香港では8月31日(金)までに、デング熱感染者数が28人に増加している。

衛生防護センターには通報システムを設置したほか、病院管理局と共同で「e‐デング熱」プラットフォームを開設し、最新情報を共有しているという。また、政府は約400万ドルを投じて噴霧器を購入、香港内18ヶ所で蚊の撲滅作業を行うほか、感染防止のため市民教育などの対応を続けている。(9月2日)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 国慶節の花火中止のうわさイベント出展や演劇も取消香港政府旅遊発展局主催で今年11回目の「Ho…
  2. 警察、一ヶ月で3発銃弾紛失拾得者には通報を呼びかけ 香港警察はこのほど、屯門地区の警察官が中…
  3. 医療コラムQインフルエンザワクチンについて教えて下さい。  インフルエンザワクチンのシーズン…
PAGE TOP