高齢者増加と少子化の問題 労工福利局長が日本を視察

高齢者増加と少子化の問題
労工福利局長が日本を視察

香港では平均寿命が日本より長く、出生率は日本より低いとされている。労工及び福利局の羅致光局長はこのほど、ウエブマガジンで日本の関係機関を視察したうえで、11月には第三回となる「ジェロンテック・イノベーション・エキスポ・サミット」を行うと発表した。
羅局長によると、高齢者健康をサポートする科学技術センターを九龍・観塘に設立し、個別案件の相談や、各家庭で発生する緊急サポートの需要に対応する計画を進めているという。
2017年の統計によると、日本での65才以上の人口は全体の27・7%、香港は16・4%となっている。また、香港では独居の高齢者数も増加しており、この20年間は日本の21%より低い10%前後を維持していたが、16年には13・1%に上昇。「高齢化社会対策待ったなし」の状況だ。
羅局長は、高齢者サポート機材のレンタルサービスをジョッキークラブなどの機関による支援で進めるほか、高齢者健康のカギとなる口腔ケアサポートを今年2月から試験的に開始するなど、行政の対策を紹介した。(8月12日)

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 国慶節の花火中止のうわさイベント出展や演劇も取消香港政府旅遊発展局主催で今年11回目の「Ho…
  2. 警察、一ヶ月で3発銃弾紛失拾得者には通報を呼びかけ 香港警察はこのほど、屯門地区の警察官が中…
  3. 医療コラムQインフルエンザワクチンについて教えて下さい。  インフルエンザワクチンのシーズン…
PAGE TOP