香港の歴史建築が再び受賞 ユネスコの文化遺産保護に

香港の歴史建築が再び受賞
ユネスコの文化遺産保護に

香港島・中環のセントラル警察署跡地を再開発したアートの複合施設「大館(Tai Kwun)」が、「ユネスコ・アジア太平洋文化遺産保護賞」を受賞した。
 今年は57候補から審査が行われ、「大館」が古跡及び芸術館として卓越していると評価された。香港歴史建築の受賞は、2年前の「藍屋(ブルーハウス)建築群」に続く栄誉となる。また、荃湾の複合施設「The Mills(南豊紗廠)」も、イノベーション賞を受賞した。
 香港発展局の黃偉綸局長は、「大館は12年の開発工期を経て、古跡と現代アートが融合する新たな文化のランドマークとなった。大館の成功は文化を育て、歴史建築を保護、重視する社会が基盤となっている」と喜びを語った。(10月15日)

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 121号香港ジャピオン(2019.11.11)★電子版はコチラから★⇒h…
  2. 医療コラムQ くしゃみ、鼻のムズムズが止まりません。  原因は何でしょうか? 大気汚染に…
  3. 120号 香港ジャピオン(2019.11.04)★電子版はコチラから…
PAGE TOP