肺炎レンサ球菌で 2歳の男児が死亡

肺炎レンサ球菌で
2歳の男児が死亡

衛生署は10月5日(土)、2歳の男児が肺炎レンサ球菌に感染し死亡したと発表した。
男児は9月末に発熱や咳、呼吸困難の症状を起こし、2日(水)に小児ICUに搬送されたが、翌日死亡した。衛生署防護センターによると、男児は潜伏期間中に海外旅行の記録はなく、家族や接触した人物に症状はみられていない。肺炎レンサ球菌はせきやくしゃみなどの飛沫から感染するという。(10月6日)

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 連休前半も入境者17万人減旅行、小売り業界の苦境続く 入境事務処の最新の統計資料によると、国…
  2. 116号 香港ジャピオン(2019.09.30-10.07)■電子版はコチラからht…
  3. 赤十字が献血を呼びかける目標水準約60%に落ち込み「香港赤十字会輸血サービスセンター」は10…
PAGE TOP